音楽制作(DTM)高品質 フリー エフェクト プラグイン Vol.3

高品質 フリー エフェクト プラグイン Vol.3です。


HOFA


ドイツの有名なスタジオ、HOFA-Studiosが開発しています。


HOFA - SYSTEM basic


SYSTEM 2は使った事ありますが、こちらは使用した事がありません。SYSTEM 2の機能限定版なので音質に関しては間違いないと思います。

最新フルデジタルのチャンネルストリップで、昨今のエレクトロミュージックと相性は抜群に良いと思います(未確認ですがOversamplingの有無はわかりません)気に入ればSYSYTEM 2導入を検討しましう(こちらにはあります)


※URLが直接貼れないのでこちらからDLして下さい。



Lindell Audio - 6X-500 CM


Computer Music issue 218を購入(数百円)すると付録で付いてきます。

Lindell Audioのヘッドアンプ部を抜き出した物です。サチュレーターとして使用出来ます。歪みによるアナログ感、太さ、といった類の物です。

求める質感は曲によって変わりますから種類を豊富に揃えて損はないです(音源のAB比較も一瞬で出来ますし)




MH - Thump


低域補強物とサチュ系が多い気がしてきましたが、またまたサブ・ハーモニック・シンセサイザーです。キックに808の質感が欲しいなという時とかに役立ちます。



LVC-Audio T-Chain CM

Computer Music issue 253を購入(数百円)すると付録で付いてきます。


本当にComputer Music issueは品質の高い物を付録で付けてくるので見逃せません。

LVC-Audioの製品はどれも品質が高いですが、Oversamplingが高負荷になるのが玉に瑕ですが、嘘のない音がします。

こちらチャンネルストリップも高品質です。
実際のアナログとは違いますが、分類的にはアナログ感のある感じです。



他にもまだありますが、また改めて書きます。


Vol.3までの感想ですが、製品版の部分機能を抜き出した物、機能限定版は質が高いです。

空間系(リバーブ・ディレイ)、コンプ、EQ、マスタリング関係等々、主になるような物は有償品に優れた物があります(TDRは別格ですが)

逆に、補助ツールで、質感の選択肢が複数欲しい物にフリーで質の高い物があるように思います。


日々、AB比較を繰り返して最適化を図って下さい。


冒頭にも書きましたが、エフェクト プラグインは使わない方が(音の質、鮮度、位相、音像)更に書き出しにも(PCの負荷で音は変わります)全てに結果は良いです。

(高級実機の場合は、その為に作られた機械なので通すだけで音がよくなりますが、プラグインとの比較自体が土俵違い、価格相応です)

音作りの場合は別腹ですが、DAW上で最大に努力、工夫した上で、箱詰め作業(MIX)整音作業(Mastering)で最小限に使い、まとめ、整える、と考えるのが正論だと思います。

大工の世界で言えば、トンカチ、金槌、釘みたいな、所詮道具ですので、道具に頼らずに組み立てる事を考えましょう。


良い音と、良い音楽も別で、良い音楽が創れるように工夫したいものです(持念)

0コメント

  • 1000 / 1000